HOME > INFORMATION > Tokyo Frontline Photo Award 2020

Information

TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD 2020

 
G/P gallery and artbeat publishers are pleased to announce that we will start accepting entry applications for the TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD 2020.
 
TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD was launched to discover and encourage the young talents of “photograph as a contemporary art” in 2011.
Since its beginning, we have invited world-leading photographers such as Kishin Shinoyama and Takashi Homma, curators like Fumio Nanjo and Shihoko Iida and contemporary philosophers, critics and contemporary artists including Masaya Chiba, Atsushi Sasaki, Yuri Mitsuda and Kohei Nawa as judges. It has come to function as the most cutting-edge photo award in Japan and has accordingly put many excellent photo artists out into the world.
This award aims to set a start-up opportunity for every artist to challenge an output of works more intensively.
 
This year we collaborate with FUJI XEROX and launch new program such as NEOTOKYOZINE and exhibition by finalists.
Application will be accepted from April 1 to June 6.
Please check the official website for further information:
https://www.tflphotoaward.com/
 

Application details

 
【Application period】
April 1 Wed to June 6 Sat.
 
【First screening】
A portfolio review will be conducted to select 15 people as finalists.
The 15 nominated artists will hold a group exhibition at ART INCLUSION GALLERY YOKOHAMA on the first floor of FUJI XEROX Yokohama Head Office(in June or July).
 
【Final review】
A public-review will be held on July 11 at the Museum of Contemporary Art Tokyo which the below judges attend (Public review is conducted in Japanese).
The nominators will give a presentation within 10 minutes and after a question-and-answer session by the judges, the Grand Prix, Second Grand Prix, and each judging award will be selected.
 
【Judges】
Takashi Honma(Photographer)
Masaya Chiba(Philosopher, Professor of Ritsumeikan University)
Atsushi Sasaki(Critic, professor of Waseda University)
Kohei Oyama(Director of a publishing label, Newfave)
Takashi Kawashima(Photographer)
Yuki Tawada(Photographer)
Shigeo Goto(Editor, Creative director, Professor of Kyoto University of Art and Design)
 
【Application】
1. Applications can be made from any nationality, age, and career.
2. Fill out the application form and send it to the below address with your portfolio.
* You can download an application form on our website. Application Form
3. You can send one portfolio within A4 size, 50 pages.
※ When you are chosen as a finalist, you will need digital data for the public review. Please prepare the data in advance.
4. The application fee is 5,000 yen.
* Please transfer to the below bank account. You can also pay by PayPal(Please contact the following email address: tokyofrontline@gptokyo.jp).
5. The submitted portfolio can’t be returned (unless you send it off from within Japan ).
 
【Shipping Address】
movement, 303 Kagiya Bldg, 229-13 Tamachi, Naka-ku, Hamamatsu-shi, Shizuoka, Japan
430-0944
[Transfer account]
MUFG Bank, LTD.
Swift Code: BOTKJPJT
Branch Name: Aoyama Branch
Account number: 608-4802910
artbeat publishers Ltd.
 
【Privileges for winners】
① Finalists can participate in a group exhibition at ART INCLUSION GALLERY YOKOHAMA operated by FUJI XEROX Yokohama.
② The names of the winners of the Grand Prix / Second Grand Prix / Jury Prize will be announced on the official TOKYO FRONTLINE website and official Facebook.
③ The winner of the Grand Prix will publish ZINE as one of the NEOTOKYOZINE labels which are promoted in international book fairs, bookstores, online sales.
 
 

TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD 2020

 
この度、G/P + abpは、TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD 2020の応募を開始いたしましたことをお知らせいたします。
 
TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARDは、G/P galleryabpの主催・プロデュースによるコンペティションです。
「コンテンポラリーアートとしての写真」の若き才能を発掘・育成することを目的に、2011年よりスタートし、2020年で9回目の開催になります。
過去には篠山紀信、ホンマタカシ、名和晃平らアーティスト、また南條史生、 飯田志保子、光田由里らキュレーター、そして千葉雅也、佐々木敦ら批評家を審査員に、「日本で最もハードコアなフォトアワード」として、現代写真 アートの振興に寄与してきました。その結果、細倉真弓、川島崇志、小林健太を始めとする、国内外で活躍するフォトアーティストを輩出してきました。 
 
本年はFUJI XEROXとのコラボレーションにより、新プロジェクトNEOTOKYOZINEや、ファイナリストによる展覧会など新たなプログラムが盛り込まれました。
詳細につきましてはTOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD公式ホームページをご覧ください(https://www.tflphotoaward.com/)。
皆様のご応募、お待ちしております。
 

Application details

 
応募受付期間:2020年4月1日(水)~6月6日(土)※必着
 
【審査の流れ】
〔一次審査〕
ポートフォリオによる審査を行い、二次審査に進む約15名を決定。
ノミネート15名の作家によるグループ展をFUJI XEROX横浜本社1FのART INCLUSION GALLERY YOKOHAMAで開催します。
一次審査通過者には詳細について事務局から詳細を連絡致します。
〔二次審査〕
審査員による公開審査を行います。
一次審査通過者に、10分以内でプレゼンテーションをしていただき、審査員らによる質疑応答の後、グランプリ、準グランプリ、各審査賞を決定いたします
 
 【審査員】
ホンマタカシ(写真家)
千葉雅也(現代哲学/立命館大学大学院先端総合学術研究科准教授)
佐々木敦(評論家/早稲田大学文学学術院文化構想学部教授)
大山光平(出版レーベル Newfave 主宰)
川島崇志(写真家)
多和田有希(アーティスト)
後藤繁雄(編集者/クリエイティブディレクター/京都造形芸術大学教授)
※名和晃平は本年はスケジュール多忙の為、審査員を欠席します。
 
 【応募方法】
1、応募はプロ、アマ、国籍、年齢、キャリアを問いません。
 
2、応募用紙に必要事項を記入の上、ポートフォリオと共に、事務局にご送付下さい。
   ※応募用紙ダウンロードはこちらから。
 
3、ポートフォリオは1人1冊、A4サイズ以内、50ページを上限とします。
   ※二次審査に進まれた方は、公開審査の際にデジタルデータが必要と なります。予め、スキャンなどでデータのご用意をお願いいたします。
 
4、お申し込み料は、5,000円(税込)となります。
   ※振込み完了の明細書を同封してください。
 
5、お送りいただいたポートフォリオは、公開審査会終了後、6ヶ月以内に返送致します。
   ※必ず返信用封筒、もしくは着払伝票を同封下さい(宛先を記入して下さい)。
 
 【応募用紙・ポートフォリオ送付先】
TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD 事務局宛て(土日午後指定)
〒 430 - 0944 静岡県浜松市中区田町229-13 カギヤビル303 movement (担当:山下)
tokyofrontline @gptokyo.jp
 
【振込口座】
三菱東京UFJ銀行 青山支店 (608)
口座番号: (普通) 4802910
口座名: 有限会社アートビートパブリッシャーズ
※振り込み手数料は御負担ください
 
 【賞】
グランプリ 1名/準グランプリ1名/審査員賞

 
【受賞者への特典】
① TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARDの一次審査通過者によるグループ展を FUJI XEROX横浜が運営するART INCLUSION GALLERY YOKOHAMAで開催します(6月中旬から7月中旬を予定)。
② グランプリ/準グランプリ/審査員賞を受賞された方たちのお名前は、TOKYO FRONTLINEの公式ホームページ、 公式Facebookにて発表されます。
③ グランプリの受賞作家は、NEOTOKYOZINEレーベルのなかの一冊としてZINEを発行します。 国内外のブックフェア、 書店、オンラインでの販売・プロモーションを行います。