Issue 2020

click Issue 2020 or Image upward to enter Portfolio Index

 
We are very happy to present Fraction Magazine Japan Annual again this year.
This year, it was very difficult to go abroad due to the global outbreak of coronavirus. In such a situation, this year's issue focuses on Korean artists. I would have liked to go to Korea to meet the artists if I could, but with the current situation, that was not an option. Nevertheless, I am able to introduce some important Korean artists to you thanks to the help of Professor Kim Seung-kon. I would like to thank him once again, albeit from the paper.
Professor Kim Seung-kon gave a lecture at Tokyo University of the Arts on October 26, 2019 in which he introduced Korean photographers in relation to the modern history of Korea. The photographers introduced were very diverse, and Professor Kim categorized them as documentary, fine art, contemporary, and new generation photographers. Of course, the activities of the individual artists may go beyond these categories, but it shows the depth of the Korean photographers. I hope to be able to introduce more fascinating Korean photographers in the future.
 
I think the issue that the coronavirus poses to us is a boundary. The boundary between the self and others or between individual and society, country and nation, inside and outside, visible and invisible, good and evil, light and dark, life and death, seems to highlight the problems lurking in our minds. In a world that seems to have plunged into chaos, the issues raised by the photographer may be questioning the nature of our individual existence.
 


 
今年もFraction Magazine Japan Annualをお届けすることが出来て大変ありがたく思います。
今年は世界的なコロナウィルスの流行で外国に行くことがとても難しくなった年でした。そんな中で今年は韓国のアーティストに焦点をあてた号になりました。できれば韓国に行ってアーティストの方たちとお会いしたかったのですが現在のような状況ではそのような思いもかないませんでした。それにもかかわらず韓国の重要なアーティストの方たちをご紹介できるのはひとえに金升坤先生のご助力のおかげになります。紙上からではありますが、あらためて厚くお礼を申し上げます。
金升坤先生は2019年10月26日に東京芸大にて韓国の近代史と関連づけながら韓国の写真家を紹介される講演を行いました。紹介された写真家はとても多様で金先生はドキュメンタリー系、ファインアート系、コンテンポラリー系、ニュージェネレーション系という分類をされています。もちろん個々のアーティストの活動はこのような分類を越えたものなのでしょうが、韓国の写真家の層の厚さを示しているといえるでしょう。今後も韓国の魅力的な写真家を紹介できることを願っています。
 
コロナウィルスが私たちに提起している問題は境界なのではないかと思います。自己と他者あるいは個人と社会、国と国、内側と外側、目に見えるものと見えないもの、善と悪、光と闇、生と死、といった二つの対立項の間にある境界は私たちの心の中にひそむ問題を浮き彫りにしているように思います。大きなカオスに突入したようにも思える世界の中で写真家が提起する問題は改めて私たちの個々の存在のあり方を問うているのではないでしょうか。