Issue 2021

click Issue 2021 or Image upward to enter Portfolio Index

 
 


 
What I am interested in is what the photographer feels  reality.
 
The environment around us is shrinking.For the reason that it is a coronavirus pandemic.
We are not free to go to the country we want, we are not free to go to the restaurant we want, we are not free to see the friends we want.
We stay at home, get our meals delivered by Uber, and listen to and talk to people on Zoom, Skype, and YouTube. We are connected to the world virtually, but our flesh and blood bodies are trapped. The world is distorted and dissolved as if we were taking hallucinogens. You may not be able to find peace of mind there.
 
Then the small, real time and space you are in suddenly zooms up. Your own body, your family's body, various things around you that you have never paid attention to before. Perceivable natural phenomena. The smells, the touches... The people in your memory. The dead. Signs brought by something invisible.
 
The concept of "one equals many"  and "many equals one" is based on the worldview of the Kegon, the idea that there is a whole in every fragment. How will the reality that the photographer has found show us the world?
 
I am pleased to present the Fraction Magazine Japan Annual for 2021.
Once again this year, I was not able to meet the international photographers in person.
With the help of Yuko Yamaji, curator of the Kiyosato Museum of Photographic Arts, and Kosuke Okahara, photographer and Pitch Grant organizer, I 
 introduce nine photographers. Thank you very much and I appreciate their effort very much.


気になるのは写真家が何にリアリティを感じているか、ということだ。
 
われわれを取りまく環境は収縮している。コロナウィルスによるパンデミックという理由で。好きな国に自由に行けない、好きなレストランに自由に行けない、好きな友人たちに自由に会えない、というような制限が世界中で起こっている。
家に閉じこもって、食事をウーバーで届けてもらって、ズームやスカイプやユーチューブで人の話を聞いたり、話したりする。。ヴァーチャルには世界中とつながっているけれど、生身の肉体は閉じ込められている。世界は幻覚剤を飲んでいるように歪んだり、溶け出したりしている。そこでは心の平安を求めることはできないかもしれない。
 
そこで自分のいる小さくてリアルな時空間が突然ズームアップしてくる。自分の肉体、家族の肉体、身の回りにある今まで気にとめなかったさまざまなもの。知覚できる自然現象。臭い、手触り・・・記憶の中にある人々。死者たち。目には見えない何かがもたらす気配。
 
一即多、多即一とは華厳経における世界観、あらゆる断片に全体がある、という考え方。写真家が見いだしたリアリティは世界をどのように見せてくれるのだろうか。
 
2021年のFraction Magazine Japan Annualをお届けします。今年もまた現地にリサーチに行くことが出来ませんでした。
清里フォトアートミュージアムの学芸員の山地裕子さんと写真家でPitch Grantを主催されている岡原功祐さんのご協力でなんとか9人の写真家を紹介することができました。ありがとうございました。